お問い合わせは 電話072−463−1201
平日9:00〜18:00 土・日・祝休業

各種クレジットカードでの
お支払いが可能です。  

 

オフィス家具・SOHO家具・学校家具・塾用家具・福祉施設用家具・オフィスの移転・オフィスのリニューアル・オフィスレイアウト・オフィスのリフォーム

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
カートの中

申し訳ありませんが
赤字日は発送業務を休ませていただきます。
ご了承くださいませ。 

  

10月度営業日

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 


11月度営業日

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

  

商品カテゴリ

Garage商品の

正規販売店

コクヨ商品の
正規ディーラー

 オカムラの

正規販売店

デスクAF

デスクAF

 

2つの顔を持つデスクシリーズ。
(1)L型天板活用タイプ。正面と横の2方向を使えるL型天板を省スペースで実現できます。
(2)波型タイプ。大きいのびやかな曲線でゆったりした空間を作ります。

最大積載質量(等分布):60kg

[ デザイン・設計:Garage / PLUS アトリエファクトリー 日本製 ]

 

  • L型連結天板の利便性を省スペースで実現。W1200から使用可能!
  • W1600、W1800はL型天板を左右に付けてコクピット型に構成できます。
  • 大きいのびやかな曲線の波型天板でゆったりした空間を作れます。
  • 幕板に配線トレー1個を標準装備。さらに増設トレイを追加できます。
  • カラーは白と濃木目(ダークウォルナット柄)の2色を選べます。


デスクAFは開発段階で2度のアンケートを行い、お客様の声やご意見を取り入れた製品です。それらはスペーサーのデザインやL型連結天板の活用、標準装備の配線トレーなど製品使用の多くに反映されています。




デスクAFは大きく2つのラインナップで構成されています。




L型連結天板をもっと身近に使えるよう、設計されたタイプです。省スペースサイズのL型連結天板により、W1200サイズから使用できるようになっています。

W1800とW1600はL型連結天板を両側に設置可能。「デスクD2・L天板」とほぼ同形状の小型L型デスク、「デスクD2・A天板」と似た形状(サイズが少し異なります)の135度(ブーメラン型)デスクもラインナップされています。



木製デスクをもっと自由な形状に。そんな思いが生んだ波型天板タイプです。大胆な曲線を取り入れることでパネル脚デスクの直線的なイメージを一新します。

波形状による奥行きの微妙な変化が使いやすさを生んでいます。「デスクD2・D / E天板」とほぼ同形状のデスクもラインナップされています。




明るく様々なコーディネートが可能な白と、落ち着いた雰囲気のダークウォルナット柄の2つをご用意しました。




モノトーンもカラフルなコーディネートも可能です。



木目の濃い部分と明るい部分が縞のような模様となって見えています。木目はガラージの中では比較的はっきりとしているほうです。こちらは波型天板タイプはなく、L型天板活用タイプのみのラインナップとなります。



デスクAFの天板素材は、間伐材などをチップ状に砕いてつくるパーティクルボード。表面は低圧メラミン仕上げで傷のつきにくい強度(天板硬度7H)を持っています。天板の周囲は厚さ2mmの丈夫なABS樹脂エッジです。

天板(白):表面は梨地模様。エッジは無地の白です。
天板(ダークウォルナット柄):表面は木目を模したエンボス加工。エッジは木目がプリントされています。

素材:パーティクルボード、低圧メラミン仕上げ
天板硬度:7H
天板厚さ:25mm








L型連結天板を片側に付けた状態。よく使う周辺機器の場所として。
チェア33 Garage Edition(別ページ) / CPUカート




上記のシーンをダークウォルナット柄に置き換えたイメージ。書斎のような雰囲気作りができます。ワゴンは黒を合わせています。
スチールワゴン 黒






コクピット型に囲んだ構成。デスクAFなら幅1600mmデスクでもこんなレイアウトが可能です。
チェアTC(別ページ) / CPUカート / デスクインラック




上記のシーンをダークウォルナット柄に置き換えたイメージ。こちらの色は天板にカーブのついた形状(M型)がないため、デスクはAF-167Hとなっています。






135度の天板はそれぞれが少し外側を向いた方向でPCを使えるので、視線が正面からぶつかりません。
チェアTC (別ページ) / スチールワゴン / デスクトップパネルFP(別ページ)






波型天板のレイアウト。ゆったりとした明るい雰囲気になります。
チェアOC ローバック(別ページ) / スチールワゴン / ストレージKK(別ページ)






大きい曲線によって空間に動きが生まれます。
チェアOC ローバック(別ページ)






奥行き700mm、幅1800mmはガラージでデスクAFだけが持つサイズです。
チェアJR(別ページ) / 木製扉スチールワゴン / キューブコンポ ダブルユニット(別ページ)








L型連結天板の利便性がより身近になりました。デスクAFでは省スペースサイズのL型連結天板(W700×D400mm)を開発。fantoniシリーズと比べてひとまわり小さいサイズです。


これによってW1200のデスクもL型にすることができ、W1600、W1800ではL型連結天板を2台使ってコクピット型のレイアウトも組むことが可能となります。複数の作業を同時に進めたり、よく使う周辺機器を手元に設置したり…デスクの使い勝手が大きく広がります。







「デスクD2・L天板」とほぼ同形状の天板を持つデスク。デスクの角方向を向いて座ることにより、正面・右側・左側の3つのスペースを使い分けることができます。天板の配線穴は3箇所に設けられています。






「デスクD2・A天板」とほぼ同形状の天板(サイズは少し異なります)を持つデスク。天板角度が135度になっているので、ユニークなレイアウトが可能となります。天板の配線穴は2箇所です。






木製デスクをもっと自由な形状に…そんな思いからユニークな波型形状の天板が生まれました。アトリエファクトリーの得意とする、なめらかな曲線加工によって空間の雰囲気をやわらげます。

天板のふくらんだ部分の下にワゴンを、へこんだ部分にチェアを置くのがおすすめです。丸いカットにより体が動かしやすくなります。それほど極端な形状ではないため、スタンダードな感覚で使えるのもポイントです。






「デスクD2・D / E天板」とほぼ同形状の天板を持つデスク。PC画面を角方向に設置し、資料を横に広げる使い方ができます。天板のせり出した部分に腕を乗せれば、後傾姿勢でのPC操作も容易です。天板の配線穴は中央1箇所です。






幕板に取り付けられる配線トレー1個を標準装備しています。幕板には下穴が左右2か所あり、どちらか一方を選んで取り付けます。

さらに追加配線トレー、拡張配線トレーを使うことで配線処理機能を大幅に強化できます。


ダークウォルナット柄は濃灰の配線トレーが付属しています。


追加配線トレーを使えば、2個並べて使用できます。

配線トレー(または追加配線トレー)の下に、拡張配線トレーを付けることができます。

配線トレー1個につき、拡張配線トレーは2個まで取り付けられます。


幕板を逆に取り付ければ、配線トレーを外側にすることも可能。(※配線穴キャップは表裏が逆になります)

天板、幕板に配線穴付き。キャップは外すこともできます。

天板と脚をつなぐスペーサーは縞模様が入っています。


脚はアジャスター付き。ぐらつかないように設置できます。

最大積載質量(等分布)60kg。W1600、W1800は天板の下に補強材を入れ、しっかりした強度を出しています。

L型連結天板も最大積載質量(等分布)60kgです。



D600、D700は全てL型連結天板が使えます。カラーが白のW1600・W1800×D700は天板の着座位置に丸く切り込みがついた形状(M型)も選べます。

天板がL形状のデスクはW・D共に1200です。


下記の寸法図はD700サイズです。D600ではA3引き出しは使用できず、代わりにA4引き出しが取り付けられます。




W1200は天板、幕板ともに配線穴が中央1か所。それ以外は配線穴を左右2か所に装備しています。

配線トレーの取り付け位置は左右2か所。どちらか一方を選んで取り付けます。W1200、W1400はA3トレー引き出しを取り付けるための下穴が開いています。W1600、W1800は天板補強材があるため引き出しは取り付けられません。






配線穴は天板に3箇所。両方の幕板に各1箇所装備しています。配線トレーは1個付属。取り付け位置は全部で4箇所です。天板にはA3トレー引き出しを取り付けるための下穴が開いています。





配線穴は天板に2箇所。配線トレーは1個付属。取り付け位置は全部で4箇所です。天板にはA3トレー引き出しを取り付けるための下穴が開いています。



波型天板は全2サイズです。それぞれ、波の左右の向きが異なる形状を用意しています。

天板がせり出した形状のデスクは1サイズ、こちらも左右の向きが異なるものを選べます。



W1200は天板、幕板ともに配線穴が中央1か所。W1400は配線穴を左右2か所に装備しています。

奥行きは側板の場所で700mm。天板の最も長い場所で760mm、最も短い場所で640mmです。幕板の配線穴や配線トレーの位置はL型天板活用タイプと同一です。天板にはA3トレー引き出しを取り付けるための下穴が開いています。





配線穴は天板に1箇所装備。幕板の配線穴や配線トレーの位置はL型天板活用タイプと同一です。天板にはA3トレー引き出しを取り付けるための下穴が開いています。

カートの中を見る
カテゴリ一覧
本体
本体(37)
2つの顔を持つデスクシリーズ。 (1)L型天板活用タイプ。正面と横の2方向を使えるL型天板を省スペースで実現できます。 (2)波型タイプ。大きいのびやかな曲線でゆったりした空間を作ります。
オプション
オプション(7)
デスクを更に機能アップさせます